芸術が織りなす新たな世界

2018年11月3日㈯、4日㈰。

書道家 谷井 奈津子の初の個展、

【~芸術が織りなす新たな世界~ 華道・書道・現代アート 三人展】を

華道家 戸澤 直子さん、現代アート作家 花井 麻弓子さんとコラボで行いました。

2日間という限られた時間ではありましたが、

普段とは趣が異なる30点の書作品を展示いたしました。

一部ではありますが、ご紹介させていただきます。

1歳10か月のときに書いた作品

『なつこ』。

私の原点です。

「和みの書」を作品化。

書作品『和書』。

書作品『凛歩』。

華・書・現代アートの調和。

書作品『喜怒哀楽』。

華・書・現代アートの調和、その2。

書作品『ありがとうとおかげさま』

書作品『春夏秋冬』から。

『春~さくら~』

『夏~花火~』

書作品『春夏秋冬』から。

『秋~もみじ~』

『冬~雪~』

書作品『ありがとうとおかげさま』

書作品『百人一首』

ワークショップも行いました。

会場をご提供くださった居酒屋 たつみやさんに、

書作品『いろはうた』を寄贈。

書道家として活動をはじめて半年。

ご縁が新たなご縁を生み、素晴らしい時間を過ごすことができました。

ご来場くださった方々をはじめ、

たくさんの方々から様々な形の愛をいただいた

一生忘れられない展示会となりました。

数えきれないほどの学びと気づきがあった三人展。

支えてくださいました全ての皆さまに

心から感謝いたします。

関連記事

  1. 夢を叶えたその先に。

  2. ベトナム活動報告①

  3. 書道から得られる美しさとは?④

  4. 和みの書 奈津

  5. Happy New Year!!2019

  6. 望む者には 道は開かれる

  7. 望みを叶えるために必要なこととは?④

  8. 大切な友人との約束。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA