理解するということ。

美文字Before&After④

バランスの良い文字には理由があります。

レッスンでは、その理由を説明してから、その方に合ったコツをお伝えしています。

理由を理解しないままだと、そのコツを生かす意図を把握できないため、「身に付ける」ことまで繋がらないからです。

「お手本がないと、うまく書けない」のは、そのためです。

第2回目のレッスンの成果です。

上段のBeforeは、普段書く住所(1回目)。

下段のAfterは、コツを理解したうえで練習してから書いた住所(6回目・お手本なし)。

一文字一文字の変化はもちろんですが、パッと見た時にスッキリと全体的にまとまった印象を受けるようになりました。

レッスンを重ねていくたびに微妙な修正を入れながら、「前回よりも成長している自分」を実感していただくようにしています。これもまた、成功体験の一つです。

『文字のどこを気を付けて書けばいいのか?』を常に考え、意識を働かせながら練習することで、お手本を見なくてもわずか数回で上達していくことを目指しています。

4回のレッスンを終えたあなたの文字は、どこまで綺麗に変化しているか?

想像しただけで、ワクワクしてきますね!

あなたも最短ルートで、美文字を身に付けませんか?

関連記事

  1. 美文字への近道。

  2. 目に見える変化を楽しむ。

  3. 劇的に文字が綺麗になる⑩

  4. 劇的に文字が綺麗になる⑧

  5. 劇的に文字が綺麗になる①

  6. 手書き文字を必要とする様々な場面とは?

  7. 違いを見極める目を養うとは?

  8. 劇的に文字が綺麗になる⑦

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA