美文字レッスンのご案内⑪

~中級編 苦手なひらがなの克服&実践練習~

横浜市在住の書道家 谷井 奈津子です。

ご訪問ありがとうございます。

あなたの文字を美しく変えるペン習字のマンツーマンレッスンを行っています。

------------------------------------

中級編第1回目はひらがな、第2回目はカタカナを、レッスンで練習します。

第1回目のひらがなのご案内とBefore&Afterはこちらです。⇓

【美文字レッスンのご案内⑥~中級編 ひらがな~】https://wp.me/paqYzb-xT

【美文字レッスンのご案内⑦~中級編 ひらがな Before&After~】https://wp.me/paqYzb-yb

第2回目のカタカナのご案内とBefore&Afterはこちらです。⇓

【美文字レッスンのご案内⑧~中級編 カタカナ~】https://wp.me/paqYzb-A5

【美文字レッスンのご案内⑨~中級編 カタカナ Before&After~】https://wp.me/paqYzb-Bn

ひらがな&カタカナの実践練習の様子はこちらです。⇓

【美文字レッスンのご案内⑩~ひらがな&カタカナ実践練習~】https://wp.me/paqYzb-Dz

------------------------------------

日本語表記の6割をひらがなが、2割をカタカナが、それぞれ占めていると言われています。これはすなわち、ひらがな、カタカナを美しく書けるようになったら、日本語表記の8割を美しく書けるようになるということです。

それ故に、ひらがな、カタカナのレッスンを重要視し、レッスンを進めています。

各文字を一文字ずつ練習する第1回ひらがな、第2回カタカナのレッスンを終え、前回は実生活で生かすための実践練習の様子をご案内しました。

練習を重ねていくにつれ、ひらがなの中でも「苦手な文字」「なかなかうまく書けない文字」がある…受講者さまのご要望により、『苦手を克服』するための集中レッスンを行いました。導入したばかりの『身に付けるためのサポートレッスン』強化バージョンです。本日は『苦手を克服』するためのレッスンの様子を、ご案内いたします。

------------------------------------

第1回目は、ひらがな「を」の克服です。「を」がどうしても苦手で、うまく書けない…とのことでした。

造形バランスをしっかりと脳内にスキャンできるように、繰り返し繰り返しお手本を見ながら書いていき、形を覚えられたら緩急をつけた運筆のリズムでひたすら練習します。
運筆のリズムを覚えるのに並行し、起筆の当たり方や筆脈を意識し、筆圧のかけ方も分かるよう、筆タイプのサインペンでも練習していきます。

ペンの種類を変え、あらゆる練習に取り組んだ結果、2時間後には驚きのAfterへと変えることができました。

『自分一人でお手本を見て練習しても絶対にこのようにはならないです。奈津先生、ありがとうございます。』と、嬉しいご感想をいただきました。

------------------------------------

第2回目は、「よ」「ろ」「ま」の3文字の克服です。

レッスン開始後すぐに、『今まで苦手だった「を」が、今では好きになりました!』と、早速披露してくださいました。

レッスン後もしっかりと練習なさっていたようです。素晴らしい!

After2は、前回のレッスン後のもの。

日々の中でも意識して書くことで、しっかりと身に付いたことを、このBefore&Afterが証明してくれています。


「よ」「ろ」は割と順調に
克服できたものの、「ま」にはかなり苦戦を強いられました。

「ま」の文字をひたすら練習です。(1枚目と2枚目の写真を見比べてみてください。用紙を変えても、ひたすら「ま」の練習をしていることが、お分かりいただけると思います。)

大きく書いたり、小さく書いたり、点線をなぞったり。
ペンを使い分け、運筆のリズムを変え、筆脈を意識し、ペン先の返しを練習し…。

それでもどうしても「あと一歩」の感覚を掴めないでいたときに、ご提案した一言でようやく光が射した瞬間がやって来ました。
感覚を掴んでからの練習は驚くほどスムーズでした。

第2回目の成果「よ」「ろ」「ま」。

「よ」「ま」に共通する『S字』の描き方と結び方に大苦戦しながらも、決して諦めることなく練習に励んだ結果、「これだ!」という手ごたえを掴むことができました。

「よ」「ろ」「ま」の3文字。実は全て『よろしくお願いします。』に含まれている文字なのです。

苦手を克服したAfterの美しさは、感激ものです。

------------------------------------

第3回目は、ひらがな総復習です。

お手本を見ずに五十音表を書き、苦手な文字、修正を必要とする文字を集中して練習します。

まずは「そ」「て」「ひ」「ふ」「め」「る」の6文字の克服から。

「そ」「て」「る」の戻りの部分、「ふ」の運筆のリズム、「ひ」「め」の字母との関係性…。

頭で理解し、腕が覚えるまで、何度も何度も繰り返し練習します。

レッスンを重ねるごとに、受講者さまの書の知識も増えていくため、毛筆の筆づかいや書の歴史を交えながら、さまざまな角度から本格的な解説をしていきます。

「これだ!」という感覚の掴み方は十人十色なため、解説の仕方や練習方法の提案の仕方は、私の全ての引き出しを探しだしながら考える、かなり緻密でレベルの高いものになります。

だからこそ、短期間で効率的に上達し、しっかりと身に付けられるのです。

------------------------------------

計3回のレッスンで、苦手なひらがなを集中して克服した結果…。

Before&Afterは驚きの変化です!

After1、After2は、お手本を見ながら書いた五十音表です。

お手本を見て、お手本と同じように書けるようになることが、美文字への第一歩ではありますが…。

お手本を見ないで書いたAfter3。

お手本を見ながら書いた、After1、After2と、さほど変わらないほど、しっかりと書けています。

------------------------------------

「お手本を見て書く」から、『お手本なしでも書ける』までには、想像を絶するほどの大きな壁があることを、受講者さまはみな、ご実感なさっています。

だからこそ本気で学び、真の美文字をレッスンで身につけている最中です。

「変えること」は容易くとも『変わること』は難しいもの。

文字だけでなくご自身の内面までもがレッスンごとにキラキラと輝く様子を、最も間近で見れることをとても嬉しく思っています。

文字を通して自分を変えるきっかけとなるレッスンを、自信を持ってご提供いたしております。

------------------------------------

文字が美しく変わると、自信がつくので内面も変わります。90分の体験レッスンで、あなたも体験してみませんか?

体験レッスンは、こちらからお申込みいただけます。↓

* 体験レッスン;¥5,500-(税込み) 1回1.5時間

⇒美文字のコツを知り、お名前を綺麗に書けるようレッスンします。

* 初級編レッスン;¥49,800-(税込み) 4回8時間

⇒縦書き、横書きのお名前&ご住所を綺麗に書けるようレッスンします。『対面レッスン』『通信レッスン』『オンラインレッスン』の中からお選びいただけます。

* 初級編終了後、中級編、上級編とご受講いただくことで、楷書、行書、実用書、全ての文字を綺麗に書けるようレッスンしていきます。

レッスンのご案内はこちらです。↓

マンツーマンレッスンのご案内⇒https://peraichi.com/landing_pages/view/c27r9

関連記事

  1. 美文字になる方法⑨

  2. 劇的に文字が綺麗になる⑧

  3. 美文字への近道はある?

  4. クセを生かすということ。

  5. 美文字レッスンのご案内⑧

  6. 劇的に文字が綺麗になる②

  7. 美文字の定義・3

  8. 劇的に文字が綺麗になる⑨

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA