劇的に文字が綺麗になる⑮

レッスンの様子⑮

横浜市在住の書道家 谷井 奈津子です。

ご訪問ありがとうございます。

あなたの文字を美しく変えるペン習字のマンツーマンレッスンを行っています。

--------------------------------------

今春、大学に入学なさった受講者さま。体験レッスンに続き、初級編レッスンも、オンラインでご受講いただきました。体験レッスンからわずか5週間という短期集中型のレッスンでしたが、ご本人さまだけでなく、ご家族の皆さまも大満足の成果となりました。本日は計4回にわたる初級編レッスンで遂げた変化の様子を、ご紹介いたします。

体験レッスンの様子はこちらです。⇒【レッスンの様子⑭】https://wp.me/paqYzb-HY

--------------------------------------

第1回目。今まで書いていた文字を、Beforeとして記録に残しておきます。練習するたびにBeforeの文字と比較し、変化している様子をご実感いただきます。

お名前の他に、ご住所、生年月日、漢数字、数字、アルファベットなど、日常で頻繁に使用する文字の練習を行います。

一文字ずつに美文字のコツを詳細にご説明するために、練習用紙には解説入りのものとお手本そのものを事前にご用意し、レッスン前にデータでお届けしています。

印刷なさった練習用紙で、実際に練習いただき、画面越しに確認しながらアドバイスする…といった流れで進めていきます。

練習用紙はデータとして使用、保管するため、レッスン後にスキャンした画像をお送りいただきます。

数字やアルファベットは、垂直に書いても傾斜させて書いても、書きやすい方で良いとお勧めしていますが、活字と異なり右上がり右下重心の手書き文字とうまく調和するのは傾斜型のように私自身が感じているため、その理由も併せてご説明しています。

文字の成り立ち、書体の変遷、基本的筆遣い、筆順の意味と意義、美文字の法則…テキストや副教材と併せ、一つ一つ解説していくたびに、受講者さまの『知識』が少しずつ増えていきます。

その『知識』を応用させ各文字の解説を行うので、理解度が高まり効率良く上達するのです。

お手本を見ながら第1回目の練習をした文字が、しっかりとお手本の特徴を捉えて表現できていることが何よりの証です。

レッスンで学んだことを、忘れないように…。

初級編第1回目の「レッスンのまとめ」。作成した全4ページのうちの一部を公開いたします。

--------------------------------------

第2回目。まずは第1回目で学んだ、ご住所の漢字のポイントを思い出しながら練習していきます。

一文字ずつのポイントが、しっかりと頭の中に入っているご様子です。

第2回目は、縦書きのお名前、ご住所、電話番号などを練習していきます。

縦書きの時には文字間の余計な空間を作らないよう、文字を扁平気味に書くように練習していきます。

通常の正方形のマスの2/3の高さにすることで、『詰めて書く』感覚を身に付けていきます。

受講者さまと一緒に考案した、完全オリジナルの練習用紙に、お手本の文字を入れてお届けしています。

オリジナルの練習用紙で縦書きの練習を行った後、マス無しの縦書きの用紙で実践練習を行います。

3日前の第1回目に書いておいたBeforeと比べると、ご住所の文字に大きな変化があったことに気づけます。余分な空間がなくなり、全体的にまとまりのある仕上がりになりました。

体験レッスンからわずか1週間で、ここまで上達できるのです!

レッスン後にご提出いただいた練習用紙を添削し、それぞれの文字のアドバイスもお届けしています。

「レッスンのまとめ」は毎回、受講者の皆さまからたいへんご好評いただいています。

--------------------------------------

第3回目は、横書きのご住所とお名前、電話番号、メールアドレスなどを練習していきます。

3週間ぶりのレッスンでしたが、しっかりと学んだことを覚えていただけでなく、まっすぐに書けている受講者さまの様子にただただ感心しきりでした。

横書きの時には文字間の余計な空間を作らないよう、文字を縦長気味に書くように練習していきます。

通常の正方形のマスの2/3の幅にすることで、縦書き同様に『詰めて書く』感覚を身に付けていきます。

オリジナルの練習用紙で縦書きの練習を行った後、マス無しの縦書きの用紙で実践練習を行います。

Beforeの文字に比べ、ご住所だけでなく、お名前も堂々たる書きぶりに変わりました。

「文字の中心」というと縦中心に目が行きがちですが、横書きのときにはもちろん横中心を揃える必要があります。
縦書きと横書きの違いや、視線の動かし方の理論とともに、曲がりそうになったときの修正方法などを学んだ、あっという間の2時間でした。

--------------------------------------

第4回目は、縦書き、横書きの総仕上げです。

『中心の揃え方』を更に分かりやすくご説明するにはどうしたら良いか?が、私の中で課題でした。

いきなり「中心を揃える」というのは、慣れない受講者さまには難しいかも…?!と思い、考案したのが、『1画目の起筆の書き出す位置』を考えながら書く』ということでした。

イメージしていただきやすかったようで、清書に生かすことができました。

こちらが縦書きのBefore&After。

Beforeのときには予想もできなかったほどに、Afterの文字は美しく変わることができました。

こちらが横書きのBefore&After。

堂々とした書きぶりは、自信にみなぎっているようにも感じます。

計5回のレッスンの集大成として、素晴らしい清書を仕上げることができました。

一文字一文字の形を覚え、無駄な空間をなくした配置で、まっすぐに書くことを意識して…毎回のレッスンで1つずつステップアップしながら『丁寧に書く』習慣を身に付けられたことを、ご家族からも喜んでいただくことができました。

身に付けた美しい文字とレッスンで学んだ知識は一生の財産です。しかしながら、身に付けた腕や感覚は、使わなければ衰えてしまいます。文字を書く際に少しでも思い出し意識することで、今の状態を維持できることを最後にお伝えいたしました。
--------------------------------------
レッスンに加え、教材その他のやり取りを全てオンライン上で行う初の試みでしたが、最後まで無事に行えたこと、本当に安堵しています。

本気で学べば1ヶ月間でここまで美しい文字へと変わることを、受講者さまが証明してくださいました。

レッスン終了後の晴れやかな受講者さまの笑顔が、達成感で溢れているように見えた私です。

--------------------------------------

いかがでしたでしょうか?短期間に集中して取り組めば、わずか5週間でも確実に文字を変えることが可能です。

レッスンを重ねるたびに上達していく受講者さまの文字は、Before&Afterでご覧いただいた通りです。

場所や時間を選ばないオンラインでのレッスンはまさに、今の時代に合ったスタイルなのかもしれません。

体験レッスンはオンラインだけでなく、対面でももちろん可能です。

短時間で効率良く美文字に変えることができるレッスンを、是非一度ご体験くださいませ。

--------------------------------------

️【オンライン割引&学割スタート❗】️

3つの美文字のコツであなたのお名前の文字を美しく変えていく体験レッスン。

お得にご受講いただける「オンライン割引」もございます。

学生さんには「学割」も適用させていただきます。

どうぞお気軽にお問い合わせ、お申込みくださいませ。

体験レッスンはこちらからお申込みいただけます。↓

* 体験レッスン;¥5,500-(税込み) 1回1.5時間

⇒美文字のコツを知り、お名前を綺麗に書けるようレッスンします。

* 初級編レッスン;¥49,800-(税込み) 4回8時間

⇒縦書き、横書きのお名前&ご住所を綺麗に書けるようレッスンします。

* 初級編終了後、中級編、上級編とご受講いただくことで、楷書、行書、実用書、全ての文字を綺麗に書けるようレッスンしていきます。

体験レッスンのご案内とお申込み、お問い合わせは、こちらからどうぞ。↓

マンツーマンレッスンのご案内⇒https://peraichi.com/landing_pages/view/c27r9

関連記事

  1. 劇的に文字が綺麗になる⑬

  2. 美文字レッスンのご案内②。

  3. 劇的に文字が綺麗になる⑤

  4. 美文字レッスンのご案内⑪

  5. あなた用の3つのコツを知る。

  6. 手書き文字を必要とする様々な場面とは?

  7. 劇的に文字が綺麗になる⑭

  8. 劇的に文字が綺麗になる⑦

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA