美文字への近道はある?

美しく澄んだ心で

日常の中で、あなたが文字を書く機会はどのくらいあるでしょうか?

買い物や電話の時のメモ書き、予定を記入する手帳、お礼の手紙、勉強するときのノート、提出書類、その他もろもろ・・・。

メモ書きも、手帳も、手紙も、もしかしたら勉強のときでさえ、今はスマホやパソコン、タブレットで代用できてしまいますね。

だからこそ、提出書類や履歴書の手書きの美しい文字が際立ちます。

ひとの第一印象はたった7秒で決まる、と、社会人になったときの研修で学びました(秒数には諸説があると思います)。そこでの印象を、良くも悪くも一瞬にして変えてしまうのが、【手書きの文字】なのです。

文字が整っているか、美しいか、の前に、もっと大切なことがあります。

それは、

*『心が込められているか?』

*『丁寧に書かれているか?』

これに尽きると思っています。

いくら達筆でも、殴り書きのようでは読めないばかりか、落ち着きのない印象を与えかねません。

反対に特別にうまくはないけれども、丁寧に書かれている文字はとても好感が持てます。

そう、「上手いか下手か」以前に「丁寧に書いているかどうか」の方が先なのです。

文字を書く時には、まずは心を落ち着かせて。そして、一文字一文字心を込めて書いてみましょう。それだけでもあなたの文字は見違えるはずです。

文字が下手だ、どうしても上手く書けないとお悩みの方へ。

文字を書くときの基本である、「止め」「はね」「払い」だけでも、しっかりと区別して書くように心がけてみてください。止めるべきところはきちんと止め、はねるべきところはしっかりとはねる。右払い、左払いはゆっくり払うこと。

『心を落ち着かせて、丁寧に書くこと』

『「止め」「はね」「払い」をきちんと書くこと』

この2点を意識して書くだけで、文字は変わります。

姿勢を正して、心を落ち着かせて。

あなたも手書きの文字を、書いてみませんか?

関連記事

  1. 美文字レッスンのご案内。

  2. 美文字になる方法⑩

  3. 美文字になる方法⑨

  4. 美文字の定義・1

  5. 美文字になる方法②

  6. 美文字の定義・3

  7. 美しい文字とは?

  8. 美文字になる方法③

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA