ベトナム活動報告①

2019年3月20日(水)~25日(日)。

昨夏に続き二度目のベトナムに行ってきました。

1件目の活動は、ダナンにあるドンア大学で行われた『日越文化交流フェスティバル』参加です。

2019年3月21日(木)。ダナンにあるドンア大学にて「日本の文字について」というテーマで講義を行いました。

ひらがな、カタカナ、漢字。日本では当たり前のように使われている3種類の文字ですが、一つの言語で3種類もの文字を使い分けるのは日本語だけと知り、講義のテーマに選びました。

それぞれの文字の成り立ちと役割を説明後は、お楽しみの実技の時間です。

「ありがとう」「大好き」「幸せ」。

自分も周りも幸せになれる、魔法のことばです。

半紙に筆ペンで書きました。

プレゼントした筆ペンと書作品。

お手本を見ながら、一生懸命練習します。

一人一人に花まるをつけて回ります。

花まるをつけるのは、やっぱり楽しい!

22名の学生さんが講義に参加してくれました。

プレゼントした書作品とともに、みんなで記念撮影。

講義後に嬉しいサプライズ!

なんと2人の学生さんが、魔法のことばをプレゼントしてくれました!!

一生の宝物です。ありがとう。

出会えたご縁を大切にしたい、と、一人一人に名刺を渡したら・・・。

帰国後にメッセージと写真が届きました。

魔法のことばをプレゼントしてくれた学生さんからでした。

講義後にもこのように学生さんと交流を持てることを、とても嬉しく思っています。

日本語を一生懸命学んでいる様子が伝わってきて、これからもずっと応援していきたいと思いました。

日本の高校の書道の授業の経験はあったものの、海外の大学で講義したのは人生初の経験でした。

学生の皆さんの活気を感じながら講義できたことは、私の一生の思い出です。

関連記事

  1. 和みの書 奈津

  2. 2020年 新春 大人の書き初め大会

  3. 望みを叶えるために必要なこととは?⑤

  4. ベトナム活動報告③

  5. 記憶と記録。

  6. 書道から得られる美しさとは?④

  7. 心の扉を開くとき

  8. 【望む者の目の前に 開かれた道】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA