手書き文字を必要とする様々な場面とは?

美文字Before&After②

「自分の名前と住所だけでも、綺麗に書けるようになりたい。」

そのようなお声をたびたび耳にするようになりました。

美文字の練習帳でも自分の名前と住所のお手本は載っていません。

病院、役所、各種サロン等の受付時。

子どもの学校に提出する書類の記名。

契約時の署名。

試験のたびに書く名前。

きちんとした書面からちょっとした記入まで、日常のなかでもまだまだ手書きを余儀なくされることはあることと思います。

そしてその手書きの文字は、ほぼ全ての場面において第三者の目に触れる形となることにお気づきかと思います。

マンツーマンレッスン~初級編~では、日常で必要とされる自分の名前と住所に特化して、4回かけて横書きと縦書きそれぞれの練習を行います。

一生使っていく自分の名前を人前でも堂々と書けるようになれば、周りからのあなたへの見方も大きく変わっていくかもしれませんね。

次回はレッスンとBefore&Afterの様子を、順にお伝えしてまいります。

関連記事

  1. 続けるということ。

  2. 綺麗に書くコツを知る。

  3. クセを生かすということ。

  4. 違いを見極める目を養うとは?

  5. 劇的に文字が綺麗になる⑨

  6. 目に見える変化を楽しむ。

  7. あなた用の3つのコツを知る。

  8. 劇的に文字が綺麗になる①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA