目に見える変化を楽しむ。

美文字Before&After⑤

第1回、第2回目のレッスンでコツを掴みながら横書きの名前と住所が綺麗に書けるようになったところで、一文字一文字のバランスの取り方を細部まで説明し、練習していきます。

普段はあまり書かないであろう4㎝四方のマスに、一文字一文字練習します。

大きくのびのびと練習することで一点一画にまで意識が働くため、脳に鮮明に記憶されやすくなります。

上段のBeforeは、2回のレッスンで書けるようになった名前(1回目)。

下段のAfterは、細部まで説明し練習後に書いた名前(3回目)。

3回目の名前を書き終えた瞬間、ご本人様も私も同時に拍手していました!

練習するごとに劇的に綺麗になっていく文字。見ているだけでも気持ちの良いものですが、書いているご本人様は何倍もの収穫があるようです。

後日、嬉しいご報告をいただきました!人前で名前と住所を書いたときに、『綺麗な文字ですね。』と褒めていただけたとのこと。「レッスンを受ける前の文字にコンプレックスがあった自分からは、想像もできなかったです!!」と、感想も添えてくださいました。

文字は音を伝える記号にすぎません。読めさえすれば役目を果たします。

だからこそ、文字の書き方一つで書き手がどのような性格なのかまでを、相手に推測させてしまう力も併せ持っています。

綺麗な文字を見て、良い印象を与えられるのであれば、活用しない手はありませんね。

関連記事

  1. 劇的に文字が綺麗になる⑪

  2. 綺麗に書くコツを知る。

  3. 劇的に文字が綺麗になる⑤

  4. 理解するということ。

  5. 劇的に文字が綺麗になる⑧

  6. まずは、やってみる。

  7. 劇的に文字が綺麗になる①

  8. 劇的に文字が綺麗になる④

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA