書道から得られる美しさとは?③

~身に付いた美しい心~

書道を学び続けてきたことで、身に付いた数々の美しさ。「文字」「たたずまい」に続き「心」について、2つ目のことを書こうと思います。

今までの投稿はこちらです。↓

【書道から得られる美しさとは?】https://wp.me/paqYzb-3n

【書道から得られる美しさとは?①~身に付いた美しいたたずまい~】https://wp.me/paqYzb-kN

【書道から得られる美しさとは?②~身に付いた凛とした強さ~】https://wp.me/paqYzb-l2

文字を書く際にはかなりの集中力を要します。また、その時々の精神状態も影響が出る場合があります。同じように稽古していても、 字形のバランス、配置のバランス、線質… 全てが思い通りに一発でビシッと決まるときもあれば、何回書いてみてもなかなか思い通りに決まらず、もどかしい思いをするときもあります。

なるべくその振り幅をなくすために、毎回の稽古で腕を慣らすのですが、稽古中は常に「まっすぐな心」で書と向き合うことを心がけています。「まっすぐな心」というと抽象的に感じてしまいますが、私の場合は『文字を書くことが好きな気持ち』を最優先できているかどうか?が、書に向き合うにあたっての「まっすぐな心」の判断基準だと思っています。

とは言え、時間に追われていたり、抱えている作業が多すぎたり…と、心に余裕がない場合、「まっすぐな心」をなかなか持てない場合もあります。残念ながら、そのようなときには何を書いても楽しくないため、そういう状態に陥らないよう、時間や日にちに余裕を持つなどの工夫をしながら、同時に心の余裕も維持し、取り組むようにしています。

また「まっすぐな心」と同じくらいに大切なのが「誠実さ」だと思っています。

作品ならご依頼主様に、レッスンならご受講生さまのために、持てる力を最大限に生かし、真摯に向き合う姿勢。ご提供する価値をご満足いただくために、試行錯誤を繰り返し、最高の状態を維持、更新し続けること。この心を持ち続けていられることが、日々の活動の原動力となっています。

「まっすぐな心」と「誠実さ」。

言うは易く行うは難し、です。『美しい心』を持ち続けるために様々な工夫をし続けることこそが、本当の意味での『美しい心』なのかもしれません。

身に付いた『美しい心』を、より美しく輝かせるために。日々の意識と努力の積み重ねあるのみだと、自分自身に言い聞かせています。そして、心から書を楽しめる環境にあることに、感謝しています。

私の場合は書道を通して身に付けることができた『美しい心』ですが、もちろん書道以外でも、「好きなこと」「楽しめること」を通して身に付けることが可能だと思っています。ご覧くださるあなたも、そのきっかけとなることが見つかりますように。『書道を通して』と願うあなたには、レッスンを行いながら「美しい文字」と「美しい心」をともに身に付けていけたらと思っています。

【美文字レッスンのご案内】

* 体験レッスン;¥4,400-(税込み) 1回1時間

⇒美文字のコツを知り、お名前を綺麗に書けるようレッスンします。

* 初級編レッスン;¥39,800-(税込み) 4回4時間

⇒縦書き、横書きのお名前&ご住所を綺麗に書けるようレッスンします。

* 初級編終了後、中級編、上級編とご受講いただくことで、楷書、行書、実用書、全ての文字を綺麗に書けるようレッスンしていきます。

体験レッスンのご案内とお申込み、お問い合わせは、こちらからどうぞ。↓

マンツーマンレッスンのご案内➡️https://peraichi.com/landing_pages/view/c27r9

関連記事

  1. ご提供できることを形に。

  2. 書道で輝く人生を!

  3. 芸術が織りなす新たな世界

  4. 書道から得られる美しさとは?

  5. 【運・縁・タイミング】が揃ったとき・1

  6. 完成

  7. ベトナム活動報告④

  8. 望みを叶えるために必要なこととは?⑦

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA