Blog
コラム・ブログ

きれいな字の書き方~数字・アルファベット編~

きれいな字の書き方~数字・アルファベット編~

『数字がうまく書けない』

『アルファベットのきれいな書き方を知りたい』

文字の書き方だけでなく、数字やアルファベットの書き方についても、お問い合わせいただくことがあります。

日本語は、漢字、ひらがな、カタカナと三種類の文字を使う言語ですが、日常ではこの三種類の文字以外に、数字やアルファベットも頻繁に用います。

今回は漢字、ひらがな、カタカナとうまく調和する数字・アルファベットの書き方を検証いたします。数字とアルファベットの一覧表もご用意していますので、参考手本として是非ご活用ください。


まずは文字の法則と右手の動きについてご説明します。

文字は

左→右

上→下

…へと向かって書きます。

左→右

上→下

…へと動かすので、右腕は右回転の運動をします。

右手首を固定したまま左→右へと動かすと、ペンは右上がりの弧を描きます。コンパスをイメージすると分かりやすいです。

そのため、横画は右上がりに書くことが基本です。

右手は自然な右上がりの動きになるので、縦方向、横方向ともに右回転、左回転の運動にも適度な傾きが生じます。

水平、垂直に動かすのは、右手の自然な動きとは異なります。


続きまして、数字とアルファベットの一覧表をご覧ください。

右手の自然な動きにより生じる傾きに沿った、数字とアルファベットです。

傾斜をつけて書くため、割とスリムに書けます。活字だと半角のイメージです。

こちらは傾きなし。

水平、垂直に書いた数字とアルファベットです。

傾斜がない分、文字の幅は広めになってしまいます。活字だと全角のイメージです。


傾斜のあるタイプとないタイプを、それぞれご覧いただきました。

これらを漢字、ひらがな、カタカナと組み合わせたときに感じる印象の違いを比較しました。

横書きの郵便番号と住所でそれぞれ比較しました。

傾斜をつけた数字の方が右手の自然な動きで書けるため、書きやすいように感じます。

どちらが見映えが良いか?は、好みの違いにより分かれます。

ひらがなとアルファベット、カタカナとアルファベット、アルファベットと数字、それぞれの組み合わせで比較しました。

ひらがなは右上がりに視線が動くため、傾斜のあるアルファベットの方が全体の見映えが良いです。

カタカナは傾斜なしの方が、視線の動きが揃って全体の見映えが良いです。

とはいえ好みの問題なので、それぞれの組み合わせを変えて書いても良いでしょう。

アルファベットと数字の組み合わせの時は、いずれも傾斜をつけるか、つけないか、を揃えた方が全体の見映えが良くなります。

それぞれを混合させて書くと視線の動きがばらついてしまうので、全体の安定感は若干悪くなるように感じます。


いかがでしたでしょうか?数字、アルファベットのみの場合と、漢字、ひらがな、カタカナと組み合わせる場合とで、それぞれ比較、検証してみました。

右手の自然な動きに沿っている、ということに加え、普段から書き慣れていることもある傾斜のある数字、アルファベットの方が、私個人としては書きやすく、見映えも良く感じました。

しかしながら、傾斜のない数字やアルファベットを書き慣れている方にとっては、そちらの方が書きやすく、見映えも良く感じることと思います。

好みや慣れの問題もあるので、どちらが良くてどちらが悪い、と判断するのはナンセンスですが、それぞれを混合させて書いてしまうことだけは、見映えの点からも避けた方が望ましそうです。


【和みの書 奈津 美文字教室】では、お一人お一人の書き方のクセを見抜き、個性を生かし美しい文字を身に付けていくマンツーマンレッスンを行っています。ペンの持ち方や書くときの姿勢、書く文字などを総合的に判断し、数字やアルファベットは傾斜のある方が書きやすいのか?ない方が書きやすいのか?のご案内をすることも可能です。

わずか数回の練習で効率良く美文字へと変えることができる体験レッスンも、毎月開催いたしております。今まで独学で一生懸命練習なさってきた方にこそ、是非一度ご受講いただきたい、自慢のレッスンです。どうぞお気軽にお問い合わせ、お申込みくださいませ。


【レッスンのご案内】

* 体験レッスン;¥5,500-(税込み) 1回1.5時間

⇒美文字のコツを知り、お名前を綺麗に書けるようレッスンします。

* 初級編レッスン;¥55,000-(税込み) 6回12時間

⇒縦書き、横書きのお名前&ご住所を綺麗に書けるようレッスンします。

* 初級編終了後、中級編、上級編とご受講いただくことで、楷書、行書、実用書、全ての文字を綺麗に書けるようレッスンしていきます。

         コラム・ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせはお電話・メールフォームより承ります。
体験レッスンも随時開催中。お気軽にご参加ください。